HISA-blog

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

1番の祈りになること

1

今日、2稿目。
先週は、震災1年を前に、
各地のお友達にメールや電話で、再度、東北行きが決まったことを連絡しました。
おせんべいの注文もさっそくしてくれた方たちがいて、すごくうれしかったです!

仕事と育児しながらなので、ゆっくりですが
協力してくださる皆さんへ、資料準備しています。
出来る、したいな、と思われたらぜひ心寄せてください。
さっそくお返事くださった方も、本当にありがとうございます。

現地に行く、と言うと
ヒサさんは、すごいな、自分は小さいな・・と言われることがあります。
正直、すごく共感出来ます。わたしも、誰かにそんなふうに感じることいっぱいあるから。

だけど、わたしの考えは・・
日常を感謝して生きることが、一番の祈りだと思っていて

だって、すぐ隣にも、すごく遠くにも
世界中に、助けが必要な生きることが大変な人はたくさんいて
すべてに手を差し伸べることは
どんなにお金や時間があっても
どんなに勇気があっても無理なわけだから
どれだけ行動したって「自分は小さい」「何も出来なくてくやしい」という壁にぶち当たる。
だから、結局。自分のしていることが、小さいか大きいかなんて関係ない
そういうことじゃないって思うんです。

日々、感謝して生きる
その心のひとつひとつが、世の中に本当に必要なものやと思うな・・・
わたしは、動けるか動けないか、それだけじゃないと思います。

去年は、協力できなかったから、今回はぜひしたいよ~って方が
「明日は、東北の人を想い今ある日常に感謝して京都マラソンで走ってきます。」って
返信をくれて、なんだかそれがすごく心に響いて

感謝して生きる、それが1番の祈りになりますって伝えました。

だから・・・・わたしが「東北行きが決まったよ!」って連絡したことで
自分は行動していなくて、小さいなって悲しく思った人がいたら

「そんなことないよ」って伝えたいです。

そんなん、わたし誰かほかの人に比べたら「すごくすごく小さいこと」を東北でしてくることになります。

出来るときに出来ることを、みんながしているのであって
それで成り立っている。
わたしも、心があっても、出来ないことだらけ。
それでも、いつか出来ないとき想っていた事が、形になったりする。

わたしは、絵本を描かせてもらった「悠衣」さんをいつも感じていて・・・
だから、いつも思うんです。

出来る、出来ない、
誰かより、多い少ない、
たいしたことじゃないな、って。



SHARE

-1 Comments

ぴあのうたい says..."No title"
>出来るときに出来ることを、みんながしているのであって
それで成り立っている。

本当にそうですね。支援は、今だけじゃなく、これからもです。
と自分に言い聞かせています(^^ゞ

今できる事を、ひささんは、やられていらっしゃる。
存分にやってください。
今なのでしょうね。


2012.03.15 13:31 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。