HISA-blog

MENU

お返事に・・「ありがとう」が届きました(中学生人権講演会)

0

あのあと・・・

2年生のクラスでは、「人間愛」の道徳の授業の最後に、
「HISAさんから一人一人に手紙のお返事を預かっている」と、先生が生徒のみんなに渡してくれたんだそうです。

そして、その授業の感想文で、返事について感じたことを書いてくれていて
それを、講演会でお世話してくれた先生が、アトリエに送ってくださいました。

今日は、それが届き・・・
またまた、ほろりでした。


どの子からの言葉も響きました。
本当に、ありがとう。

みんなのすばらしい心を、感じてほしいので、
少し紹介させてください。
(みんな1枚いっぱいに書いてくれたんだけど、省略してあります)




手紙をもらった瞬間、暖かい気持ちに包まれました。
ありがとうって書いてあって、わたしもさらに
ありがとうと伝えたくなりました。
今日家に帰ったら部屋にこの手紙を大切に飾ろうかなと思いました。

---

本当は、ただの紙なのかもしれないけれど
私はこの紙にはHISAさんの思いだったり愛だったり
たくさんのものが詰まっていると思います。

---

今日、道徳で学んだ「人間愛」
これがHISAさんが私たちを思ってくれて手紙まで書いてくれた「愛」のことなんだろうな。

---

ぼくは、一人一人に手紙を書いたという話を聞いて感銘を受けました。
本来ならば、まとめて返事を返せばそれで充分なところを
この方は、ぼくたちの感じたことを読んでぼくたちの思いを受けとって形にしてくれた。
「人間愛」というものがとてもよいものだということが感じられてよかったです。

---

僕は、学校から出した感謝の手紙というのは、渡しておしまいというのが
普通だと思っていました。150通、僕なら絶対に出来ません。
僕たちのために多大な労力と時間を割ってくれたことに感謝します。

---

ヒサさんの愛が感じられました。
今回返事をもらったおかげで、さまざまな人をもっともっと愛していきたいと思いました。

---

1度会っただけの中学生のためにここまで出来る人がいるんだなぁと思って感動しました。
お返事を読んだら励まされたような気持ちになって
この手紙を大切にとっておこうと思いました。
私も本当に人を愛せる人になりたいと思いました。





人間愛の授業で、わたしの返事を渡してくれる先生も、なんて素敵なんだろう。
こんなふうに、子供たちが・・心の話が出来る先生がいる
なんてすばらしいのかな。
中学2年生の子達が「愛」って言葉をたくさん使って想いを書いている。
なんてなんて、いいんだろう。

こんな子供たちの、深くて生き生きとした感性に
心底、癒される自分がいます。


返事も、、、わたしがすごいのではなく
みんなが作品をまっすぐ受け取り
心を開いて「HISAさんへ」とお手紙くれたから。
ひとりひとりに返す以外、もう方法がないくらい
わたしの心が動かされた。
すごいのは、みんなの「心」だ~~~~
もういっかいそれを伝えたいくらい。


ささやかな幸せに満たされている日も、
悲しいことはたくさん起こっていて
世の中どうなるんだろうと不安を持ちながら
生きている

でも、こういう感動が
希望になって、人っていいなと思うし、人を愛したいと思う。



子供たちの心が大切にされる世の中、


やっぱりそこだな、って
今日もまた、確信できた。

みんなの「心」に。


生徒たちと、心のキャッチボールをさせてくださった先生方に、
本当に感謝します。


▽金沢市内の中学校にて人権講演会(いくつかレポがあるので記事の最後にリンクが貼ってあります)
http://rakugakiyahisa.blog14.fc2.com/blog-entry-1046.html




わたし、お返事を書いた後、今まで、お話に伺った中学校のみんなから
もらった感想とお礼を出してきて読み返しました。
「返事してこなかったな・・」って。今までは、「どうしてイラストレーターになったのか」
職業や夢のお話で伺っていたんだけど、、でもやっぱり
どの子も、丁寧に心込めて書いてくれていた。今からでも、お返事したい気持ちになりました。


SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。