HISA-blog

MENU

一生忘れない味(宮古市)

0

DSC_0143-s.jpg
mekabumiyako_20120513000658.jpg



2日間、午前中でお絵かき教室が終わると
みさちゃんと過ごすことが出来ました。

1日目は、みさちゃんが、わたしたちにお昼ご飯をご馳走してくれました。
このとき携帯の充電が切れていて
写真を撮れなかったのだけど、ここ何年か
カメラをちょうど忘れた・・とか、充電切れとか・・そういうとき
ラッキー!と思うことにしています。
何にも残せないのだから、この目と心に焼き付けるしかない。
今を思いっきり心に焼き付けておこう!と思えるから。

宮古駅の前にある、みさちゃんお勧めのお食事処。
宮古市のお魚の新鮮さと身の分厚さ、たっぷりの量に驚いた!
そして、こんなにこんなに美味しいなんて。
東北のお魚って、こんなに美味しかったの!!?

みさちゃんがご馳走してくれた宮古市の・・この味、一生忘れない。
今も、思い出すと涙が出てしまう。
本当に、ありがとう。
美味しすぎて、感動で胸がいっぱいで、忘れられないーーー

それから、今回お絵かき教室でお世話になったのは
みさちゃんの娘さんのMさん。
ふれあいセンターは、お勤め先。
そのMさんと、娘さんのひかりちゃんも一緒に、お食事。
企画の担当になってくれたMさんには本当に、お世話になった。

Mさん、そして、石巻市雄勝町でお世話になったKさんへも同じ気持ち。
去年、宮古市行きを担当してくれた盛岡のOさんも、
子育てしながら、その日を迎えてくださったのだ。

私のように動くということは
立派そうに見えて、よく「すごい」と言われるけれど・・動いてる本人から見るとそれはちょっと違うのだ。。

動くということは、失敗も動いた分
迷惑も動いただけ、多いということ。
それから、受け入れしてくれる人がいなければ、成り立たない話で
多くのお世話になって、させてもらっている。
その日を迎えるために、許可を得たり声かけしたり
体調整えてくださっていたり、、
そして、わたしの企画のために、ご自分の仕事の時間を充ててくださってる。
ありがたいという言葉じゃ足りないくらい。。。。


みさちゃんや娘さん親子と
行き帰り、快晴の宮古市の町を歩いた。
ご縁は、不思議なようで自然。だけど、やっぱり不思議。

こっちに帰ってきた今、
ちょっと出掛ければ、当たり前に逢えるような気がしてしまう。

すごく遠くに行ってきたのに。



写真は、市場!2日目に、みさちゃんと市場へ出掛けた。
そらと、大はしゃぎ。
みさちゃんのお勧めのお店で、海鮮を注文。家に配送してもらった。
宮古市の市場のお魚、注文したいという方は、わたしにご連絡を。。!
東北の幸の美味しさ、味わってほしい。
そして、漁師の皆さん、市場の皆さんを応援してほしい。

めかぶは、最終?
もう最後だからとたくさん買っていかれる地元の方も。
はじめてみる「丸めかぶ」にびっくり。
ニュースでも流れていた・・震災から再開された今年のめかぶは、特別。

お絵かき教室に参加してくれたお子さんのお父さんは、カキの養殖をされている方だった。

東北の海鮮を、遠くからでも買えるのだし
これから、人に勧めたいし、自分も買っていきたい。







☆もうすぐ、福井市でHISA展☆
▼HISA展詳細は、こちらをクリック▽
HISA展 お母さんの詩
「あなたに逢えた喜びを消すような 悲しみはどこにもない」
2012年5月17日(木)~6月3日(日)♪最終日に特別企画あり♪
10:00~18:00 定休日:火曜
ふくい工芸舎
 

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。