HISA-blog

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

レポ②2番目は、笑夢さんと。 絵と唄「逢いたくて逢いたくて生まれてきたよ」(HISAt展2012最終日) 

0

レポ②笑夢(えむ)さん登場です!

笑夢さんを、ご紹介。
P1020504-s_20120605023413.jpg

▽わたしたち、今日が初対面。笑夢さんとの出逢いは、以前ブログに・・
http://rakugakiyahisa.blog14.fc2.com/blog-entry-1077.html
P1020505-s_20120605023421.jpg

笑夢さんから、歌「ボクのコトバ」について想いが語られます。
今日のために、どれだけ緊張されて不安があったことでしょうか。よくこのときを迎えてくださいました☆
わたしが後ろから「だいじようぶ!」とコソっ。会場から笑い~。みんなで見守ってるからだいじょうぶ~~
P1020506-s_20120605023440.jpg

CDでは、ちひろさんという方が唄われています。今日は、この唄を作ったご本人、笑夢さんが唄う最初のステージ。
http://b.siesta-m.sub.jp/
想いがいっぱいで、それが伝わりわたしも涙。会場も、たくさんの方が涙されていたそうです。
この唄は、ベビーマッサージをされてる笑夢さんが、ある日夢で赤ちゃんから受け取ったメッセージとメロディ。
それを、伝えたい、自分でも聴きたいという強い思いでCD化されました。なにもかも、はじめてのこと。
やっと形になった1曲なのです。CDで、そのメッセージをぜひお聴きくださいね。
P1020507-s.jpg

この唄を聴いたとき、「わかる、わかる」って思いました。わたしも、今まで、「子の親への深い愛」をテーマに作品を描いてきたから。我が子の言葉や愛情に、世界中の子供たちの豊かな感性と、守っていかなければいけないものを感じてきたからです。それが、多くのことを解決してくれるように思う。
子供のときの痛みが、いらないものだとは思わない。そのおかげで、相手の痛みが分かったり、深く物事が分かったり、与えてもらえなかったものは、自分で得ようとがんばれる。
けれど、子供の心が大切にされる世の中に近づくことは、命を大切にする世の中になっていくということ、一言では表せないんだけど・・子供の心を知るということは、自分自身と親への葛藤を受け止めることにも繋がると思うから。
P1020508-s_20120605023449.jpg

レコーディングの日に、森のめぐみさんでわたしの絵と出逢ってくれた笑夢さん。ご縁があると、どんな風にでも繋がっていくけれど、森めぐのマスターと奥様の作るお店の空気の力もあるある。
お見せしたかったな!笑夢さんとのコラボ~。そうそう、お客さんに、森のめぐみさん繋がりのお客様が3名もいらしてた。やっぱりすごい、森めぐさんの繋げる力~☆
P1020513-s_20120605023507.jpg
P1020514-s_20120605023515.jpg
P1020515-s_20120605023524.jpg




6/3(日)のライブペインティングの様子をレポートでお伝えしています。
わたしと共演してくれた3人のうたうたいさん別に、①~③のレポになっています。

次は、最後のレポート!
③ひろのひとみさんとの共演です。


特別企画
HISA展2012 最終日 6月3日(日)PM2:00~3:30
絵と唄 コラボレーションコンサート「逢いたくて逢いたくて生まれてきたよ」
会場 ふくい工芸舎
[唄] 笑夢 ひろのひとみ  素和香
[絵] ひらたひさこ



▽福井市 HISA展2012 お母さんの詩「あなたに逢えた喜びを消すような悲しみはどこにもない」詳細(終了)
http://rakugakiyahisa.blog14.fc2.com/blog-entry-1075.html

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。