HISA-blog

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

レポ①弾き語りライブ norico × HISA ライブペインティング  (2013.3.31富山マリーマリー HISA展最終日にて)

0

たくさんのご来場ありがとうございました。行きたかった、という声もたくさんいただきました。お気持ちは、届いていました。この繋がりを生んでくれた悠衣さんも、ベットの上から心を飛ばしてくれていたように思います。宮古市のみさおばあちゃんも。
レポ①富山マリーマリーにて 3/31日(日)HISA展2013最終日・特別企画
弾き語りライブ norico × HISA ライブペインティング「出会えた奇跡をありがとう」  開演 PM1:30 チケット 2,500円(コーヒー・ケーキ付)
▼詳細 HISA展2013『ひとつはすべて』期間:3月19日(火)~3月31日(日)
会場:万 里 摩 理 マリーマリーhttp://rakugakiyahisa.blog14.fc2.com/blog-entry-1230.html



P1030112.jpg
P1030113.jpg
チケットは、なんと・・・イースターエッグ!マリーマリーの大坪さんが一個一個手描きで作ってくださっていました。最初から、忘れれないことばかり。マリーマリーさんのおもてなしの心に、感動。
クレヨンタッチで私の絵のイメージで描いてくれました。急に思いたって、卵の殻欲しさでランチメニューをオムレツにされたとか!

P1030119.jpg
P1030120.jpg
そして、いつも展示やイベントの時、大坪さんの書でお客様をお出迎え。マリーマリーは、呉羽山の上にあり、片方の窓からは、立山と富山市街が、片方の窓からは、海の海岸と水平線が見えます。桜は、ゆっくり膨らみ大きなつぼみになっていました。

お客様、会場いっぱいに集まってくださって、ライブスタート!わたしHISAとマリーマリーさん、noricoさんとのマリーマリーさん、HISAとnoricoさん、それぞれに繋がり、今日ひとつの円になりました。わたしとマリーマリー、noricoさんと繋いでくれたのも、絵本「悠衣」のゆいさんの存在。悠衣さんが、笑顔で見守ってくれているような気がしました。
P1030134.jpg
お母さんと、子供。まず二つの丸を描きました。noricoさんのどこまでも澄んだ声が心地いい。このライブ、noricoさんがタイトルをつけてくれました。「出会えた奇跡をありがとう」。noricoさんは、産婦人科の女医さんです。そして、二人のお子さんのママ。
P1030136_S.jpg
P1030137.jpg
お母さんのお腹の中は、宇宙だといつも思っているから、地球を描いていたら、、「星」という歌詞が聞こえてきました。
もうひとつのまん丸に、小さな1番星のような星を描いて、宇宙を彩りました。布の切れ端に絵の具を付け、スタンプしていきます。
P1030140_S.jpg
言葉が、流れ星を見つけるように耳にストンストンと入ってきます。すると、不思議と、自分が今描いているものや描こうとしているものに当てはまります。ライブペインティングではいつも、その瞬間が何回かあるのだけれど、今回は、とても多かった。一番星に輝いていた小さな星を瞳に、そこにひとりの子供を描くことにしました。この子は、旅人です。お母さんに逢いたくて旅に出た命。

中学1年生の息子さんのバイオリンとの共演。そしてソロ演奏もありました。ジプシーの哀愁の曲だそう。まるで、絵の子供のテーマソングみたいです。ソロ演奏を聴きながら、その姿を描きあげました。
P1030141.jpg
実は、小さくて後ろからは見えづらかったんだけど、青い星、地球に人物を一人描きいれています。お母さんです。ここに、お母さんを描こうと思ったのは、お母さんへ当てた唄が流れたとき。

PAしてくださったのざきさんのバイオリンも一緒に。そして、5年生になる娘さんが、元気に明るく唄ってくれました。歌詞に「ひまわり」とあったので、子供の絵のまわりをひまわりにしました。天使にしようか翼をつけようと思ったのだけど、ひまわりに。そういえば、子供って、ひまわり色。笑顔は、まさにひまわり。ひまわりの妖精みたいな姿の絵になりました。並んで地球と太陽みたい。娘さんの声が、またひまわりみたい。
P1030151.jpg
富山を唄った歌で、みなさんも共演!
P1030157_20130401215932.jpg
アンコールで、真ん中に、言葉とサインを入れ仕上がりです。絵を見守ってくださって、本当にありがとうございました。絵に添えた言葉は、ポストカードにもなっている「生まれてきてよかった おかあさん」です。
命へ、赤ちゃんへ、お母さんへ、子供たちへ、たくさんの旅立ちで天国へいった東北の皆さんへ、たくさんの想いを込めて、、、この言葉をここに描きました。
P1030159.jpg
あとからお客さんが「noricoさんとHISAさんのすごいハーモニーだった。」と。とてもうれしかったです。そうですね、どちらが合わせているわけでなく、響き合っている。もちろんその場の空気も。
男性のお客さんは「インスピレーションが沸きました。様々なイメージを感じ取ることができました。」と言ってくださいました。それぞれの物語が、生まれているといいなぁ。

お客様にライブ後、お渡しした私からの小さなプレゼント。アトリエは和紙の里のある越前市なので越前和紙。(ライブペイントの紙も、越前和紙です。)絵は、小さな本「大切なあなたへ」から。後ろをめくると、本の言葉が一言添えられています。
P1030195_S.jpg
P1030196_S.jpg

このレポでは、noricoさんの唄や音色まで届けれませんが、少しでも会場の様子が伝わればいいなぁと思って作りました。ライブ中の写真撮影は、そらがしてくれました。ありがと。
noricoさんのCDは、富山県内のお取扱店や、こちらからも購入可能です。翌日のラジオでも、かけました。わたしにとっても大切で大好きなアルバムになりました。
http://www015.upp.so-net.ne.jp/norico/

マリーマリー店長・大坪さん、noricoさん、HISAの記念ショット!(Jokaさん、記念撮影ありがとうございます)
f0190183_2010139.jpg

次のレポートで、完成した作品のみのレポートをUPしますね。noricoさんの動画を貼りますので、聴きながらレポ②見てくださいね!


※ごめんなさい。掲載されている写真は、無断で転記転用出来ません。

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。