HISA-blog

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

発売記念イベント ありがとうございました。神戸ハーバーランドumie大垣書店さんにて

2

1512529_504081226376803_918789175_n2.jpg


1月12日、発売前日、神戸のハーバーランドにある大垣書店さんで
絵本「優しいあかりにつつまれて」の出版記念イベントがありました。
阪神淡路大震災と東日本大震災を経験した二人のママが我が子に贈る絵本で
2話収録されています。
今日は、兵庫のママで「二十歳になったあなたたちへ」の著者、たかいちづさんと、
仙台のママの綴る「いっしょに」の絵を描いた
わたし、ひらたひさこが会場で販売会をさせていただきました。

今日、お越しいただいた皆さん、本当にありがとうございました。

パネル展は、しばらく開催されています。
仙台の雅人ママがスクラップで作ってくれた絵本の説明書きもあり、
あたたかい空間になりました。
1501834_504172863034306_1544041261_n2


神戸ハーバーランドのumie大垣書店では、3月末まで絵本が販売されます。

今日は、新聞やめざましテレビの取材がありました。めざましテレビは、14日(火)の放送とのこと。
(7時頃の放送とお聞きしました)
1551753_504177446367181_1664180232_n2

私つながりでは、
久しぶりに再会できた神戸や関西のお友達の皆さん、福井から来てくれた方も。。
どの方も、絵本の完成を応援していてくれた方です。
今思い出しても涙がでます。駆けつけてくださって本当にありがとうございました。

ちづさんの絵本の完成を待っていてくれた皆さん、新聞を観てお越しいただいた皆さんも
本当にたくさんの方に来ていただきました。
最後、お会いできた方は、東北の方でした。

まだ、わたしは言葉になりきらない想いでいっぱいですが

こうして、二人のママの愛情により完成した絵本が
しょうくん、雅人くんを
たくさんの人の心の中へ、これから宿り旅をしていく
そんな歩みの最初の1日が無事終わり
ほっとしています。

ありがとうございました。


13日、今日が発売日です。



HISAブログにより、記載している販売方法、販売箇所など詳細は、こちらです。
http://rakugakiyahisa.blog14.fc2.com/blog-entry-1410.html


▼HP 絵本「優しいあかりにつつまれて」はこちら。
http://yasashiiakarinitutumarete.web.fc2.com/


SHARE

-2 Comments

かっぱちゃん says..."注文しました"
さっそく注文しました。

届くのがとても楽しみです。

ちづさんがめざましテレビではなされている、その一瞬にチャンネルをあわせた、奇跡!

いつもはテレビをみていない時間でした。

「私の人生が悲しみ色に染まってしまった」としょうくんが思わないように笑顔でいきる。

と話されていました。
とても勇気をいただきました。
癒されました。

夫を2年前に病気でなくしました。悲しみがいやされる日は自分の命が終わるまで来ることはない。と私も思っています。

人は私が立ち直ったとか、気持ちを切り替えて笑顔になった。といいます。

違う!

今日のちづさんの言葉で本当に救われました。
さびしいけれど、笑顔で生きていきたいです。

絵本が届くのがとても楽しみです。

私の友達のギャラリーで個展を開いてくれたらいいなー。っておもいました。
2014.01.14 19:02 | URL | #AzmySJ4g [edit]
ひらたひさこ says..."ありがとうございます"
ご注文、そしてコメントいただきまして
本当にありがとうございます。
専用HPでご注文くださったんですね。

わたしは、仙台ママの「いっしょに」の絵を担当した双子のイラストレーターの
ひらたひさこと申します。
普段テレビを見ない時間帯に、こうして出会ってくださったんですね。

ちづさんにも、いただいたコメントを
お伝えさせていただきました。

不思議ですね。
去年2月のことでした。
わたしも、普段テレビを見ないのに、ふとつけると
しょうくんママ(ちづさん)のドキュメントがはじまったばかりでした。
わたしも同じ双子です。
最後までドキュメントを観ました。

そして2ヶ月後、
しょうくんママが雅人くんママと「絵本をつくりたい」と想いを書いて、メールをくださいました。

わたしたち絵描きとの出会いについても、あとがきに書いてありますのでぜひ。


本当に、この悲しみというのは癒されるもではないと
わたしたち、おふたりのままに教えてもらいました。
そのことを社会が理解しているだけで、
悲しみながらでも生きていけるあたたかい眼差しが
持てるのだと思います。

コメント、ほんとうにありがとうございました。
感謝いたします。


2014.01.15 11:51 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。