HISA-blog

MENU

HISA展、7月5日(日)読み聞かせのこと

0

5日(日)、HISA展会場で
初日と2回目、奈良井伸子さんによる
読み聞かせ。
HISA作品の
絵本「だいすきな木」と紙芝居「ひとつはすべてー東北での出会い」


絵本は、今も実在する木から、人間社会と命を見つめています。
奈良井さんたちと舞台化の話が進んでいます。

紙芝居は、30分のロングバージョン。
岩手県宮古市、宮城県石巻市雄勝町、福島県双葉郡で出会った人たちとの
出会いを綴っています。

奈良井さんという人の語りを聴いて

わたしは、自分の作品をぎゅっと抱きしめて
解き放してあげたくなりました。

語られていくこと
演じられていくこと

今まで思い浮かばなかった作品のこれからを
想うようになりました。

写真は、「ひとつはすべてー東北での出会い」より
宮古市のみさおばあちゃんにもらった驚くほど小さなマリア様を描いたページです。
避難所で出会った禅が好きな、クリスチャンのおばあちゃんです。

震災がなければ・・
原発事故がなければ・・
出会うことのなかった出会い。
大切な人を亡くし
多くの大事にしていたものを失くした人たちにとって
出会えてよかった・・それは残酷な言葉でもあります。

でも、どうしてわたしとみさおばあちゃんは
導かれるよう出会ったんだろう。
紙芝居の最後に
みさおばあちゃんの言葉があります。

奈良井さんのお声掛けがなかったら
作っていなかったかもしれないこの紙芝居。
HISA展の間に、2回も奈良井さんは
読んでくれました。
30分バージョンでしか伝えれないものがある。
高学年の子どもたちでも聴けるように
絵を加えあらたに完成させます。
聴きに来てくださった方の中に
震災後宮古市へ行かれた方がいて
ぜひ小学生の子どもたちにも、と言ってくださいました。
いくつかにお話を分けるなどして工夫していきます。

奈良井さん、ありがとう!
集まってくださった皆さん、ありがとうございました!

だいすきな語り人です。

P1040662s2.jpg


+++++++++++
HISA展2015 山代温泉通りギャラリーパノニカ
11日(土)24時まで、延長させていただくことになりました。
(火曜定休) お近くの方で、もう1度、観たいなぁという方や 期間中ご予定無理だった方よろしければ(^v^)

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。