HISA-blog

MENU

行って来ました

0

今日は、「抱っこ展」中の森のめぐみへ行ってきました。
わたしよりよく働く愛用のプリンターが
久々に調子が悪く
森のめぐみへ持って行きたいものもろくに準備ができず

情けない気持ちで駅へ。
電車から景色を見たり、雨に洗われた空を見たり
娘と未来の話、していると
少し気が楽になり
ちょっと長いなーと思える、えち鉄35分も
以前の「ふたご展」わざわざ電車乗り継いで来てくれたお客さん達に、あらためて感謝。
いつも笑顔の乗務員えち鉄ガールに見送られ
気持ちよく大関駅につきました。

森のめぐみに入ると
ひとりの女性が「キラキラ」の詩を、じっくり読んでいる姿。
2Fの作品も、丁寧に見てくれていました。
お帰りになってから
感想を読ませていただいて、ある作品に「涙をこらえていました」と。わたしのほうが泣いてしまいました。

もう一方、以前ここのワークショップに参加してくださった方が、お友達を連れて見に来てくださった。
あれからパステルを使って絵を描かれているそうで
いろいろお話ができた。作品も、この方もまた、丁寧にひとつひとつ向かい合ってくださいました。

あぁ、行って良かったな~♪


わたしも2Fに上がると、由美子さんとひろっちが来てくれていて
待っていてくれました。
17日あたりから、
由美子さんが撮影した*smile*人形を、ポストカードにして
展示期間中販売しますので
どうぞお楽しみに。

そらと、ひろっちは
すっかり御ままごと仲間。持ってきたリカチャン人形で遊びだしました。
その間、わたしは由美子さんとゆっくりお話ししてました。

このリカチャン、3歳のときから。
洋服も、2着。それ以降、買い与えられず
ずっと着古したウェディングドレス(笑)
余談ですが、ぬいぐるみも3歳からずっと大事にしてるのがあるんですが、
この前なんて、わたしのビキニの下だけをタンスから引っ張り出してきて
クマに履かせて、洋服代わりにしてましたね(笑)
余談過ぎました。
まぁ、そんなあまりおもちゃを買ってもらえない我が家ですが
ひろっちが、そのリカチャン人形の髪を
そらと一緒に大事そうにみつあみしてくれていました。
ふたりで、みつあみ3つを、またみつあみして、すごい髪型になってましたが
幸せそうなリカチャン。
わたしが東京出張で、留守番させたときに
買って来たんだよなー。
帰りに、おもちゃ屋さんに寄って、新しい服を。
迷ったあげく、大特価のパジャマを選んでました。親に気を使っているのか・・
夜は、枕元に寝かせてハンカチを布団に。

子供のおままごとって面白いですね~
掃除しようとすると、あちこちに
ままごとの形跡が。スリッパが車に。開いた本が屋根代わりに、裁縫箱から出したワタがソフトクリームに。わたしのビキニがクマの服に・・・。またサイズがぴったりなんだ・・


話がそれたような、繋がったような。

抱っこ展、最初の絵は
「人形を抱っこする」。
“この子、ともだち。初めての友達。”
抱っこの仕方も、反対なんですね。でも、友達なのです。
大切な、1番はじめの。

人が生まれて、最初の抱っこするもの。
生まれてから、ずっと抱っこされてきた自分が、
最初に抱っこしてみるのは
お人形さんなのではないでしょうか。

お気に入りの人形を、
まるで命があるかのように。

それって、とても愛しい行為のような気がするのです。
愛しく、
だんだん薄れていく感覚。

もし、命のないものに命をイメージできる心を持ち続けて大人になれたなら

花にも、子猫にも
子供にも
大人同士も思いやりのある世の中になれますね。

2Fの丸テーブルに、この抱っこの絵に登場する
ウサギの人形があります。
*smile*さんが、絵の人形を、実際に形にしてくれたのです。


【ヒサスマ展】はじめての友達うさちゃん

撮影・由美子さん

大人の方も、子供さんも、ぜひ抱っこしてみてくださいね。
おこちゃまベビースリングも置いてあります。
抱っこ紐で、お人形抱っこさせてあげてくださいね。


SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。