HISA-blog

MENU

越前市 絵本「悠衣-ゆい-」原画展 小学生人権ポスター展にて同時開催

0

加賀山代温泉商店街にあるパノニカさんでのHISA展「光り 届く あたらしい朝」が迫ってきました。
まだDM、お書きしている途中の方も・・。お礼状と一緒にお出ししている方もいて
1ヶ月前から、書けた方からポストへ。あと少し。
ご住所とメッセージ手書きでしているもので・・。
不器用でへたくそな字ですが、前回の森めぐの展示のとき、DM受け取った女性の方が
恋人からの手紙のようだった、と感想ノートに書いてあってすごくうれしかったです。
今回も、心を込めて送っています。

HISA展のお知らせと一緒に県内の方へは、こちらのお知らせも同封しています。
(16日までは、すうさんのおはなし会のお知らせも入れていました)

なんと!!!!!越前市、アトリエのある武生の町で
絵本「悠衣」の原画展が決定しました。

11月12日(土)小学生人権ポスター展で同時開催となります。
この展示も、ご縁が巡り繋がり、実現します。ぜひ、お越しいただきたいです。
2時からは、特別企画として、世界で活躍される篠笛奏者、高野さんと共演させていただきます。
悠衣さんの写真展もあります。


越前市 ゆい絵本原画展A4-s

越前・池田地区 小学生人権ポスター展

同時開催
絵本「悠衣-ゆい-」原画展 福井県しあわせ基金助成
“いのちの輪ひろがっていく”

2011年11月12日(土)
開場:午後1:00~4:00
ところ:越前市福祉健康センター 多目的ホール
(JR武生駅前アル・プラザ平和堂4F)
入場無料


特別企画
「いのちの輪コンサート」開演:午後2:00~ 無料
出演:篠笛奏者・高野巧(元鬼太鼓座メンバー)
    ライブペインティング ひらたひさこ(ラクガキ屋 ヒサ)

日本・世界各地で活躍される篠笛の名手・高野巧さんが姫路からこの日のために駆けつけてくださいます。
ゆいの絵本は、パステルで描きました。縦笛の美しい音色の中で
色の粉を指で広げ描きあげていく様子をお楽しみください。
天国へ旅立った多恵子さんという女性がゆいさんを唄った詩があります。その詩をゆいさんの母・真由美さんが書に。
そこにヒサが絵を描きます。


主催:武生人権擁護委員協議会 越前・池田地区委員会
後援:越前市教育委員会
   越前市社会福祉協議会
問い合わせ:しあわせ福祉「はぐるまの家」坂岡




絵本について

<作者より>
これは、呼吸器とともに24時間ケアを受けるゆいさんという女性の20年間を描いた絵本。

ゆいさんに、はじめて逢ったとき
なんて綺麗な人なんだろうと思った。
白やピンクの花のように綺麗。

手を繋ぎ瞳を見ると
優しい心と豊かな感性が伝わってた。

そして、ゆいさんの周りの人達が言う「安心」が
そこにあった。

ゆいさんと居ると
私たちは、社会でも家庭でも、学校でも
生きる意味や価値を求められすぎている、ことに気がつく。
そして、「ふつう」という基準で
相手のことも自分のことも評価していることを。
でも、誰もがその「ふつう」から一転する。
そんな人生で辛い状況に立った時
弱い立場となる社会ではなく
たくさんのことを乗り越えて今生きていてくれてありがとうと
祝福される世の中だったらどんなに素敵だろう 。

「ふつう」という基準がなくなって

生まれてくるのに
どの命も祝福され生まれてこれたら

お母さんは
「命優先の世の中になってほしい・・」という願いを込めて
私に絵本作りを託してくれました。

ゆいさんやハンディある人たちが
伝え続けてくれている大切なメッセージを
ぜひ感じてください。

人権ポスターをえがいた
子供たちのまっすぐな想いと一緒に
絵本「悠衣」を展示させていただける機会に感謝します。


ひらたひさこ

▼作者・ひらたひさこより ゆいさんの絵本について 
http://rakugakiyahisa.blog14.fc2.com/blog-entry-885.html




HISAホームページ(2011年の個展のお知らせや、活動記録、作品ギャラリー、ワークショップについてなど)

[HISAブログ]ヒサ雑記、お知らせからレポートまで。

[アトリエ「rakugakiya yu+hisa」] 武生の町にあります。

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。